『カフェー・プランタン』登場人物の紹介(5)内藤久志@石原大彦

劇団Nadianneオンライン配信公演
『カフェー・プランタン』登場人物の紹介☕️

5回目は、石原大彦演じる


“おじちゃん”こと内藤久志です!

 


①おじちゃんは、どんな人物?

カフェー・プランタンを経営する無愛想なマスターです。
なぜそんなマスターの店が繁盛しているのか謎ですが。

 


②役との共通点は?

無愛想ながらも、なんだかんだ人と接することが嫌いではないところでしょうか。ちゃんとお客のことも気にかけていますし。

僕はおじちゃんほど気が利いているわけではないですが、そういうことがさらりとできる男になりたいですね。

あとは、少し人をおちょくるのが好きそうなところです(笑)

 

③舞台を映像で配信するということで意識したことは?

舞台上でお客様にどう見えているかというのと、セットの中でカメラにどう映っているかというのが、意外と違うことに気づきました。

特におじちゃんは、映るか映らないかギリギリの場所にいることが多いので。

あとは、テイク2、テイク3と撮った映像が、前後の映像とちゃんと繋がるか、そこは結構気をつけました。ほぼ同じ芝居をしないといけないですからね。世の俳優さんってすごい!


④大正時代で興味があることは?

パッと思い浮かぶのはファッションや街並みですね。

僕の中での大正時代のイメージはやっぱり『はいからさんが通る』ですが、黒うさPさんの『千本桜 feat.初音ミク』の印象も強いです。本当に何回も聴きました。そうした作品の空気に触れられたら良いですね!


⑤最後にメッセージをお願いします。

Nadianneさんの初のオンライン配信作品に参加させていただき、光栄です。

いろいろと紆余曲折ありましたし、拙い演技ではありますが、まずは無事作品を皆様にお届けできることができ、本当に嬉しく思います。

大変な日々を過ごしていらっしゃる皆様の心に、少しでも潤いを与えることができましたら幸いです。

 

☕️その他の人物紹介は、『カフェー・プランタン』専用ページにて☕️

『カフェー・プランタン』作者インタビュー(2)「キャスティングについて」

景山:『カフェー・プランタン』は、初演で出演していなかった私が入ったり、女性役を男性に変えて、石原くんが出ていたんですが、どうですか?


MOTO
:結構、全体の雰囲気が違いますね。でも、どっちがいいとか悪いとかは、特になく。


景山
:そうそう!演じ手が変わるとキャラクターの見せ方が違うんだなって改めて感じて。Nadianneではあまり再演っていうのはないから、そういう楽しさがありました。


MOTO
:そうですね。基本的には、同じ脚本なんですけど、違うなって思いましたね。

景山:みっちゃんは同じ菊次さん役で。経験や年齢を重ねて演じているから、一個一個の台詞の重みや深みがあった。


MOTO
:やっぱり成長を感じましたね。


景山
:他の役ごとについても印象を聞いていいですか?まずは、ハルちゃん。


MOTO
:今のNadianneメンバーで袴とブーツ姿だったら、夏美さんだなって思ったんですよね。


景山
:そうですよね。ハルちゃんの女学生感を出せるのは夏美かなって。私たち実際アラフォーだし。


MOTO
:(笑)


景山
:みんなで全部のパターンを読んだじゃないですか?やっぱり夏美がしっくりきてたよね。


MOTO
:そうですね。ハルの配役は、あまり悩まなかったというか


景山
:逆に悩んだのはどこですか?


MOTO
:静子とか菊次も同じ人でいくか、いかないか。結局、同じみっちゃんになったんですけど。その辺は結構悩みましたね。


景山
:どの組み合わせにするかで全く違うんだろうね。あとキャスティングの時に「前後の作品も意識して違うキャラクターの方がいいんじゃないか」って言う意見も出たよね?


MOTO
:そうなんですよね。『カフェー・プランタン』の後に上演する作品の役柄も考えて、今回のキャスティングになりました。


景山
:私は、千代ちゃんを演じられて本当に良かったです。


MOTO
:千代も面白かったですよ。面白かったって言うとアレですけど千代の苦しみが一番わかるのは、多分伸子さんなんですよね。


景山
:そうね。作家してるし、書くのが好きだから。


MOTO
:書くの好きだし、書けない苦しみっていうのが、やっぱり伸子さんだったと思ったんですよね。書けなくて「わーっ!!」ってなるところが真に迫っていて。


景山
:ありがとう。『カフェー・プランタン』は初演を客席で見て、千代のこんな台詞言えたら幸せだろうなと思ってたんだよね。だから、千代を演じさせてもらえたのは嬉しかった。


MOTO
:なるほど。


景山
:あと、演じ手が変わるとこんなに違うんだって思ったのが、静子だったかな。


MOTO
:それはすごくわかりますね。初演の静子は、サバサバしたドライな面が強かったんですけど、今回は結構ウェットというか


景山
:人間味の角度だよね。初演の静子は、もっと現実を飲み込んで生きている感じがして。今回は、そこがもっと苦しい感じがした。


MOTO
:やっぱり静子自身も悩んでるっていう


景山
:うん。演じる人によって、キャラクターのどこを拡大させるかとか、本人の魅力との繋げ方が全然違うなって。


MOTO
:やっぱり役者さんの色っていうのは出るんですよね。


景山
:当て書きだからこその良さもあるだろうし、そうじゃないからこそ出せるところもあるんだと思うんだよね。脚本の持つ可能性を感じさせてもらえたから、再演もいいなぁと思った。


MOTO
:はい。

景山:次に石原くんなんですけど、カフェの店員を男性に変えたことでの違いはどうでしたか?


MOTO
:男性のお店に女性客が集まるっていう関係性が…ちょっと面白かったですね。


景山
:そうかも。おじちゃんに会いに行くっていうか、その場がみんな好きなんだろうね。でも、若い人たちが集まって、ちょっと面白いかも。


MOTO
:(マスターは)あんな無愛想なのにね。


景山
:でも、劇中で出て来るコーヒー、美味しそうだった!


MOTO
:そうですね。飲んでみたい。


景山
:あと、おじちゃんと言えば…ヒゲ?


MOTO
:(笑)


景山
:ヒゲ付けると雰囲気すごく変わるから楽しいよね。女性はできないじゃない?


MOTO
:確かに(笑)そういう意味でも初演と違いますね。

 

作者インタビュー(3)「見所について」に続く

 

『カフェー・プランタン』作者インタビュー(1)「執筆のきっかけ」


景山
MOTOさんよろしくお願いします!


MOTO
:よろしくお願いします。


景山
:『カフェー・プランタン』は2013年が初演の作品ですが、執筆のきっかけは?


MOTO
:もともと時代物が好きで、昔から書きたいと言う想いはあったんですけど。「カフェー・プランタン」と言う実在のカフェで、文豪とか絵描きとか、当時の文化人が集まるカフェがあったって言うのを知って、“あぁ、これ、題材にしたいな”と思ったのがきっかけでしたね。


景山
:そうなんだ。もともと大正時代が好きだったんですか?それとも「時代物」っていうのが大枠で好きだったの?


MOTO
:大枠で時代物が好きだったんですけど、やっぱり大正時代の和と洋の入り混じった空間・雰囲気っていうのが特に好きだったんですよね。


景山
:衣装も可愛くて、演劇でも人気な時代の印象があります。


MOTO
:そうなんですよね。


景山
:なるほど。それから、この作品は役者さんに合わせて脚本を書く「当て書き」って、ちらっと聞いたんですけど、そうなんですか?


MOTO
:想定はありました。当時は伸子さんがいなかったので、それまでにNadianne作品に出ていた(朝樹)りさちゃんとアニー(杉山亜以)を入れて芝居ができればいいなぁと思いがあって。希望から入ったんですよね。

初演時のチラシ画像

景山:じゃあ、依頼されて書いたって言うわけじゃなくて、単純に書きたいから書いた?


MOTO
:そうなんですよ。この作品、持ち込みだったんですよ。


景山
:それ、ちらっと聞いたことがある!作品を書いた後に劇団に持って行ったんだっけ?


MOTO
:はい。「この作品、やりませんか?」って。


景山
:えー!いいなぁ!!


MOTO
:そういうことがありましたね。Nadianneでこれを見たいって。


景山
:それは、まだ劇団員になる前だよね?


MOTO
:そうですね。


景山
:劇団員じゃないけど、Nadianneメンバーを想定して長編を書いて


MOTO
:そうなんですよ。


景山
:私、当て書きををする時って、結構強い想いがないと書けなくて。よその劇団の方に頼まれてもいないのに作品を書くのって結構モチベーションがないと書けないと思うけど、それって何がモチベーションだったの?題材で大正時代のカフェを書きたかったのもあると思うんだけど…。


MOTO
:そうですね。結構身も蓋もないんですけど…お人柄ですよね。


景山
:ええっ!?いない時だけど、嬉しい!ありがとうございます(涙)


MOTO
Nadianneの芝居自体も好きでしたし、やっぱり「この人たちのために書きたい」っていう想いが出てくるんですよね。


景山
:そういうのって、いいね。作家としてすごく幸せだよね。


MOTO
:そうですね。そういう出会いは、なかなかないので。


景山
:うん。しかも、上演が決まっていない長編を描ききるっていうのは凄いことだよね。


MOTO
:今思えば、別に上演する保証はないですからね。


景山
:もし私が演じ手とか、演出させてもらう立場だったら、すごく嬉しいなって思う。素敵なエピソード聞かせてもらって、ありがとうございました。


MOTO
:こちらこそありがとうございます。


景山
:そんなことを経て、私が劇団にいない間にMOTOさんが座付き作家として劇団に入ってくれてたんだよね。


MOTO
:そうなんですよ。伸子さんの穴を埋めるように。


景山
:いやいや!でも…MOTOさんいなかったら、Nadianne続いてなかったかもしれない


MOTO
:いやいやいや!それはないと思いますけど


景山
:やっぱりMOTOさんって、作品を書きたい思いが凄く強い方だからさ。夏美は書けるけど、役者が多分一番やりたいと思うだろうし。だから、作家をしたいMOTOさんが劇団に入ってくれて、Nadianneもパワーアップして感謝しています。一周回って私も帰って来て、劇団がいい感じだね。


MOTO
:
盤石です。


景山
:盤石ですね(笑)ありがとうございます!

 

⏩ インタビュー(2)「キャスティングについて」に続く

2020年12月25日

『カフェー・プランタン』のYouTube公開が開始しました!作品専用ページはこちらです。

2020年11月7日 

配信予定『カフェー・プランタン』を収録しました!ブログを更新しています。

2020年4月29日

舞台動画『パーティーの後で』を5/31まで無料配信します!詳細はこちらです。

2020年4月27日

劇団のYouTubeチャンネルを解説しました。ぜひこちらの登録をお願いします!

 

2020年3月28日

第17回公演『パーティーの後で』の動画配信が開始しました。詳細はこちらです。

2020年 3月16日

劇団結成17年目へ & 『朗読劇 星のサロン』ビジュアルを公開!関連ブログはこちらです。

2020年3月10日

「Nadianneとは」に劇団の歴史をまとめました。

2020年2月18日

「Nadianneとは」「劇団員」の写真を更新しています。

2020年1月1日

ブログにて新年のご挨拶と2020年の活動を発表しています。

2019年10月31日

ブログにて『パーティーの後で』終演のご挨拶を掲載しています。